bg.jpg

エイジングにこだわりぬいたジーンズを見てきた! The Strike Gold & 倉敷天領デニム

js150828-klaxon13

The Strike Gold と 倉敷天領デニム … 有限会社Klax-on(クラクション)の2つのブランドについて、社長の浜本さんからお話を伺ってきました!

js150828-klaxon01

お邪魔したのは、倉敷天領デニム児島店。Klax-onの直営店舗で、児島ジーンズストリートにあります。

Klax-onのジーンズへのこだわりと2つのブランド

js150828-klaxon02

社長の浜本さんは、児島で縫製・仕上げ業を営むご両親のもとで生まれ育ちました。2002年、ジーンズを中心とするアメカジのセレクトショップ「Klax-on」をオープン、2007年に「The Strike Gold」、2009年に「倉敷天領デニム」を立ち上げます。

js150828-klaxon03 js150828-klaxon04

幼いころから被服に触れて育った浜本さんだからこそ、また、ジーンズを作るのに必要なさまざまな工程を担う工場が集積している岡山だからこそ実現できる「細やかなこだわりの結集」がKlax-onのジーンズの大きな特徴です。

The Strike Gold(ストライクゴールド)

js150828-klaxon09

The Strike Gold(ストライクゴールド)は、エイジングにこだわりぬいたジーンズブランド。

▼新品のジーンズ(左)と色落ちサンプル(右)

js150828-klaxon16

エイジング(色落ちなどの経年変化)は、多くのジーンズファンにとってジーンズを楽しむうえで最も重要な要素。

そのため、多くのメンズジーンズ・ブランドではもちろんエイジングについても考慮されていますが、どこまで細部にこだわるかはブランドによって異なります。

古き良き仕様を再現しようとしたときに、現代では難しかったりコストがかかるようになっていたりする部分が少なくないためです。

js150828-klaxon15

ストライクゴールドのジーンズは、現代の良さは良さとして取り入れつつ(シルエットが太すぎずすっきり見えるようにしたりなど)、エイジングにかかわる古い方が良い部分については一点もあきらめることなく、原綿選びから縫製仕様に至るまですべてにこだわって作られています。

その細やかなこだわりは、縫いの目の数までチェックするジーンズマニアにも認められるほど。また、海外では特に、ジーンズの本場アメリカでの人気が高いそうです。

js150828-klaxon07
js150828-klaxon08

▼バックポケットのステッチは、金鉱を掘るツルハシをイメージ

js150828-klaxon09

js150828-klaxon10

フロントボタンは鉄製。文字を深めに彫り、使い込むごとにサビがでて味が増していくように作られています。

リベットも表裏(雄雌)両方鉄製。表側には銅メッキがしてありますが、裏側にはあえて銅メッキをせず、サビがにじんで味を楽しめるように作ってあります。

▼リベット裏(左が最初の状態、右が着用サンプル)

js150828-klaxon12 js150828-klaxon17

js150828-klaxon13
js150828-klaxon14

浜本さんにモデルをしていただきました♪

js150828-klaxon30
js150828-klaxon31

ストライクゴールドのジーンズ(SG5103)& ストライクゴールドのTシャツ。

ストライクゴールドのTシャツは、吊り編み機という古い編み機で作られています。肌なじみがよく、長く着ても伸びが出にくいそう。

倉敷天領デニム

js150828-klaxon04

倉敷天領デニムは、「デニムの可能性の追求」をテーマとするジーンズブランド。ストライクゴールドのモノ作りのベースをひきつぎつつ、デザイン的なアレンジを施したジーンズが中心となっています。

なかでも代表的なものが「カラーレボリューション(カラレボ)・シリーズ」。

カラレボ・シリーズは、通常、生成り(薄いベージュ)の糸が使われるヨコ糸にビビッドなカラーの糸を使い、ブルーデニムの多様な色合いを表現したチャレンジングな商品。


デニム生地は、通常、濃い青のタテ糸と生成りのヨコ糸から織られ、(綾織りという織り方の性質から)オモテが青くウラが生成り色の生地に仕上がります。

カラレボは、現在、黒、青、緑、黄色、赤の5色で展開しており「5色のブルージーンズ」とも呼ばれています。

さて、ヨコ糸にビビッドな色の糸を使うと、どんな色合いになるかというと・・

js150828-klaxon18

スソの方でチラ見えしてるのが裏(内側)の色です。(スソを折り返してあります。)

js150828-klaxon19

王道を行くならブルー
目立つのが好きならレッド
シックに楽しむならブラック

という感じでしょうか♪

黄色は、オモテの色合い(濃紺+黄色)がブラックデニムみたいにも見えて、その不思議さに魅かれます。ヨコ糸の本来の色(生成り、薄いベージュ)に近いからか意外とベーシックな印象もあり、コーディネートしやすそう。

緑は、味わいのある色。緑がかった青が、藍染めする過程でしか見られない(酸化して青くなる前の)色のようで、日本的な趣があります。

js150828-klaxon20

最初は、ヨコ糸まじりの色の印象が強く、はきこんで色落ちしてくると、ふつうに青と白のメリハリが目立ってきます。(実際に並べてみると違いが目立ちますが、単体で見ると水色というか青白のメリハリの印象が強いです。)

▼黄色、緑、赤の色落ちサンプル

js150828-klaxon22
js150828-klaxon21

ちなみに、ここまでのカラレボ色落ちサンプルは、色ごとの経年変化がわかるようユーズド加工されたもの。

実際に穿きこんだサンプルも、写真撮らせてもらいました。
カラレボの黄色。実際の着用サンプルがやっぱカッコイイです。

js150828-klaxon24
js150828-klaxon25
js150828-klaxon26
js150828-klaxon27
js150828-klaxon28
js150828-klaxon29

スタッフさんにモデルをしていただきました♪
カラレボの赤 & ストライクゴールドのTシャツです。

js150828-klaxon32
js150828-klaxon33

js150828-klaxon05

ストライクゴールドも倉敷天領デニムも、エイジングがホントため息モノのかっこよさで、ぽーっとしてしまいました。

エイジングにこだわりぬいた2つのブランド ~ストライクゴールドと倉敷天領デニム~ 要チェックです♪

ショップをチェック! 公式&関連リンク

スポンサード・リンク

関連記事

細身スタイルが特徴の本格派ジーンズブランド「ザ・フラットヘッド(The Flat Head)の」八王子店に行ってきた。

ザ・フラットヘッド(The Flat Head)は、長野のビンテージレプリカ系ブランド。

記事を読む

職人さん一家によるデニムパンツのブランド「HighRock」でお話聞いてきたよ。

HighRock(ハイロック)は、児島にあるデニムパンツのメーカー。ジーンズ、デニムのブッシ

記事を読む

お直し屋さんが立ち上げた女性のためのジーンズブランド「デニム・クローゼット」でこだわりをたっぷり聞いてきた!

1月にお邪魔して密かにいいなと思ってた「レディスジーンズ」のブランド、デニム・クローゼッ

記事を読む

ジーンズストリートに《カラフル》なブランドが登場! ~ PALLET LIFE STORY

もろもろ時間に追われていたりあちこち更新したりで、こちらしばらく滞っていましたが、8月の岡山

記事を読む

アイアンハート(IRON HEART)の21ozジーンズのヒミツを聞いてきたよー。

ジーンズやアメカジのセレクトショップで「21oz(21オンス)」のタグを見かけて気になっ

記事を読む

エドウィン(EDWIN)の歴史とか人気のジーンズとか、中の人に教えてもらいました♪

昨日の続編というか本編というか、どうして問い合わせることになったのかと、教えていただいたエドウィンの

記事を読む

ジーンズ初心者にもオススメ!きれいめスタイルのデニム服が並ぶエッジ・オブ・ラインに行ってきたよ♪

エッジ・オブ・ライン(EDGE OF LINE)は、児島のデニム服ブランド。メンズとレデ

記事を読む

大人のベーシックスタイル、ドゥニーム(Denime)直営店でお話聞いてきた!

Denime(ドゥニーム)は、わたしが知識もこだわりもないただのジーンズ好きだった頃から知っ

記事を読む

Dモールでドミンゴの歴史から新ブランドのお話までいろいろ聞いてきたよ。

いつか訪問してお話聞きたいと思っていた「ドミンゴ」。岡山のジーンズメーカーのなかでも特に老舗

記事を読む

男らしさを極めたブランド「セニオ(Senio Second)」のかっこいいジーンズをいっぱい見てきた!

セニオ(Senio Second)は、児島のジーンズブランド(メンズが主体。レディスもあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

  • こんにちは(^^

    当ブログ管理人の「こっとんこっとん」です。

    桃太郎ジーンズとの出会いをきっかけに国産ジーンズに興味をもち、岡山に旅行にいったり、ジーンズに関する本を読んだりしているジーンズファンです。

    2013年、ジーンズソムリエという資格試験制度が創設されることを知り、猛勉強して資格取得しました。

    ⇒ 管理人のプロフィール

  • 楽天: 国産ジーンズ取扱店
    楽天市場

PAGE TOP ↑